老朽マンション対策

老朽マンションとマンション経営

マンション経営と老朽化

毎月安定した不労収入を得るため、注目すべき手段の一つにマンション経営があります。安定した収入につながるマンション経営のコツを得るなら、マンション経営の解決サイト

購入したばかりのマンションは、新築ならではの魅力を持ち入居者も集めやすいものです。時代とニーズに合った設備を整えられ、住みやすい環境を実現しやすいからです。しかし、新築では価値のあるマンションでも、時間の経過とともにどうしても古くなってしまいます。

そして老朽化したマンションは、賃貸物件としての魅力を著しく低下させてしまいます。マンションの場合、築31年を超えると老年期のマンションとして扱われます。老年期を迎えたマンションは、内装・外装・水回りなどの各設備が劣化してしまいます。生活する上で不可欠な設備は、借り手にとっても入居を決める大切なポイント。下見の際に不安があれば、他の設備が整った新しいマンションも検討することになるでしょう。

こうした個別格差が老朽化とともに大きく現れれば、どんどん借り手が見つかりづらくなります。滞りのないマンション経営のためには、老朽マンションの扱い方をあらかじめ知っておきましょう。

時間が経過しても高い物件価値をキープするためには、例えば「建て替え」という選択肢があります。建て替えは、古くなった物件が生まれ変わるためにもっとも有効な手段です。一方で、建て替えには当然ながら大きなコストがかかります。マンションの立地によっては、投資した分を確実に回収することが難しい場合も。

必ずしも、建て替えは効率的な手段とは言えないのです。コストを抑えながらも、確実に利益につなげられる方法で老朽マンションに新たな風を吹き込みましょう。